2005年7月 6日

夢遊病の少女が40mクレーンの頂上で発見される
カテゴリー[ABCな海外三面記事]

sleep_crane.jpgイギリスである10代の少女が深夜に地上40メートルのクレーンの頂上で発見され、救急隊員の手によって救出されたが、その時も少女は眠っていたという。

警察と消防によれば、少女が発見されたのはロンドン南東の工事現場で、通行人が見つけて通報した。

15歳の少女の名前は公表されていないが、自宅を寝たまま気が付かないうちに自分で出て、近所の建築現場に歩いてきたとみられている。少女は、クレーンの細いビームをぐっすりと寝たままよじ登ったという。少女は救急隊員により無傷で助け出された。

警察が通報を受けて駆けつけた午前1時半には、少女はクレーンの上で身を投げ出しそうになったりしていたが、到着した救急隊員がはしごで登ったときは、少女は丸まりながらぐっすりと眠っていた。

少女が目を覚ました時に、パニック状態になって手を離して落ちてしまう恐れがあったが、クレーンの上で少女の携帯電話を探し出し、少女が見つかったと知らせるために両親に電話をした。そして電話で少女の目が覚めた。

少女は油圧リフトを使って救出されたが、作業には2時間半を要し、少女が地上に降りたときには朝4時半だった。その後、病院で検査を受けたが異常は発見されなかった。

ロンドン睡眠センターの専門家によれば、睡眠中に車を運転したり、馬に乗ったり、ヘリコプターを操縦しようとした人を治療したことがあるという。

少なくとも1度は夢遊歩行をしたことがある人が10人に1人居るという。多くの場合は一瞬で危険性が無いものだが、場合によっては怪我をすることもある。

寝ながらなんかできるっていうのは、ある意味うらやましいような。ぐっすり寝たままさいととか更新できたら…。

**[この記事への直リン用URL]**2005年07月06日 00:00(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?

Google
Web ABCdane.net