へそピアスで死に掛けた娘の母親が起訴される

hesopi.jpgマサチューセッツ州で13歳の少女が自分でへそにピアスをしたところ、化膿してしまい危うく命を落としかけてしまったが、その母親が起訴された。

検察当局によれば、娘がセルフ・ピアッシングで感染してしまったのにも関わらず、母親は適切な治療を受けさせなかったという。

母親のデボラ・ロビンソンは、14歳以下の子どもに対する肉体的損害の容認という重罪と子どもを危険に晒したという軽犯罪で起訴された。

ピアスをした少女は翌日かその2日後に、ピアス部分が感染し臓器損傷を誘発して、猛烈な痛みを訴えた。親戚が、救急医療師に連絡し、先週から入院している。救急医療師が家を訪れた時は、少女は衰えて瀕死の状態だった。

現在のところ少女は抗生物質で治療し、重体のままだが容態は安定している。裁判官は、母親に精神鑑定も求めている。

ワタシの耳のピアスは、前から見ると穴がひとつなんですが、後ろから見ると穴がふたつなんですけど、気がつかないうちにセルフ・ピアッシング★しちゃったんでしょうか。


**[この記事への直リン用URL]**2005年08月09日 16:24(米国時間)



ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会
(C)ABCDane.net D姐
~バカ情報フロム★アメリカっ~
American Baka Comedy Shinkokai
http://abcdane.net/