パリスに対抗!?暴露話満載!?ニコール・リッチーの自伝的小説が発売へ

何かと話題が絶えない、今やパリスを凌ぐ勢いでセレブ度を増しているにコール・リッチーが書籍を発売することになった。

ニコールといえば、R&Bのスーパースターのライオネル・リッチーを父親に養子として育ち、まさに「甘やかされて育ったハリウッドのプリンセス」だった。

そのゴージャスな私生活の一方、両親の離婚、ドラッグに溺れ逮捕・更生生活を送った10代と、23歳にしては波乱万丈すぎる人生を送ってきた。

そんな普通では体験できない人生を送ってきたニコールが発表するのは「小説」。8月30日11月7日にアメリカで発売される「The Truth About Diamonds 」(ダイアモンドの真実)は、2部作のうちの前編。

この小説には、ヤング・ハリウッドと呼ばれるセレブたちの本当の姿が描かれているという。実名は出てこないものの、本に出てくるストーリーは、実際にあったリアリティ・フィクション。

テレビや映画で活躍するセレブたちの真実は、テレビ以上にドラマチックでドロドロなんだというから、是非とも読まなければ!

昨年発売されたパリスの自伝Confessions of an Heiressがアメリカでベストセラーになっただけに、ニコールの小説も売れ行きが注目される。


表紙が激カワ!っすね。中身も楽しみ~!

股開いてます!リンゼイたん&チュクビ見えてます!ニコール画像 パリスの柱ダンスご伝授画像も。

ニッキーが姉パリスを裏切り!?

パリスの妹ニッキー・ヒルトンが、親友の二コール・リッチーの結婚式に大切な花嫁介添人のひとりとして出席することに、パリスが激怒しているとか。

テレビ番組で再共演は決定したものの、幼なじみであったパリスとニコールの絶縁はまだ続いている。一説には、ニコールがパリスの流出ビデオを友人らとのホームパーティで見たのが原因とか。

しかし、ニッキーは二コールと親友であることは変わらず、出席するだけではなく披露宴の準備を手伝うメンバーでもある。

とはいっても、ニッキーはパリスの怒りをたいして感じていないらしく、あっけらかんと「パリスはまだどのデザイナーの花嫁衣裳を着るか決めてないから、そっちもお手伝いしなきゃ」と話しているとか。

**[この記事への直リン用URL]**2005年08月25日 17:50(米国時間)

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会
(C)ABCDane.net D姐
~バカ情報フロム★アメリカっ~
American Baka Comedy Shinkokai
http://abcdane.net/