2005年9月28日

超VIP待遇に女性と4Pまで!偽ミック・ジャガー男にすっかり騙されたNYクラブ
カテゴリー[ABCな音楽]

ザ・ローリング・ストーンズの顔、ミック・ジャガーになりすました男がニューヨークの3人の女性とトイレでいちゃついたりとクラブでVIP待遇を受けたが、店のオーナーが偽者と気が付いた時には遅かった。

地元紙によれば、偽ミック男はニューヨークの最先端のクラブ・スピリットに現れると、ドアマンからVIPルームに通された。男はオハイオのコンサートの後にプライベートジェット機でNYまで来たと話していたという。偽ミックはダンスフロアで偽者と気が付かない客らから写真を一緒にとりたいという要望にもこたえていた。

店では偽ミックに超VIP待遇。飲み物はタダで、ボディガードまで提供した。

店の広報によれば「一時間後には店の客の半分が偽ミックに押しかけ、大群衆になってしまった。すると偽ミックは警備員に対して、群集とカメラに嫌気が差してきたので帰りたいと話した」という。

しかし、店を出る前に偽ミックは“若い女性たちと物影でイイ事”がしたいと、これまた店のボディガードがつれてきた3人の女性と店のトイレでおよそ10分程”お楽しみ”をしたという。

本物のミック・ジャガーの代理人は、この日ミックはニューヨークを訪れていないと発表している。

トイレの10分間でどこまでのお楽しみができたかは謎ですが、偽モノとは言えミック・ジャガーなので、かなり高齢な男が扮していたのではないかと思うと、騙すほうも騙されたほうも余計にトホホ感が増しますな。

**[この記事への直リン用URL]**2005年09月28日 21:46(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?

Google
Web ABCdane.net