3年連続紹介!あの集団全裸写真家が今度は1500人で芸術に挑んだ

ABC振興会で2003年から紹介している集団全裸写真家のスペンサー・チュニック氏のゲージツ撮影会が開催された。

ニューヨークの写真家チュニック氏の今回のロケ地は、フランスのリヨン。1500人の男女がボランティアとして集まり、チュニック氏がクレーンに乗って指揮を執りながら撮影が行われた。

撮影に参加した人の集合時間は夜明け前の朝4時半。

ソーヌ川とローヌ川が合流する地点が、今回はチュニック氏のお気に入りスポットで「まるで女性の脚の付け根をほうふつとさせる」と語ったという。

夜が明けると参加者は服を脱いで全裸になって、駆け足で位置に着き、手と足を宙に高く上げてフォーメーションをとった。

地元リヨンからの参加者である女性は「リヨンの中心地を全裸で駆け巡りたかったから、参加することに決めたの。ここの人間はお高く止まって、古いしきたりに囚われている人が多いのよ」と語った。

他にロンドンから家族で参加している人や、ベルギーで今年行われた撮影会にも参加している人などが居る。

今回の写真は11月にリヨン市が主催する2年に一度の近代美術展で展示される予定だ。

今年は人数も他の年に紹介したものに比べてたいしたことないんですが、なんだか絵的にはパワーアップしているような。

ニューヨーク駅構内で女性450人が全裸に 2003年10月26日
全裸写真家が集団全裸2754人で遂に記録 2004年06月28日


**[この記事への直リン用URL]**2005年09月11日 21:18(米国時間)



ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会
(C)ABCDane.net D姐
~バカ情報フロム★アメリカっ~
American Baka Comedy Shinkokai
http://abcdane.net/