信号無視は黄色信号の点灯時間が短すぎが理由で、違反免除

yellowsignal.jpgカリフォルニア州のユニオンシティでは、交通違反チケットを切られてしまった多くの運転手が突然、交通違反免除になった。市当局は問題は信号機のせいだったからと断定したからだった。

発表によれば、同市で監視カメラが設置された5つの交差点では、いずれも信号が「黄色」の間隔が異常に短いことが判明した。ひどいところでは、間隔が1秒以上短かったところもあったという。

同市では今年の夏から監視カメラを設置するようになり、これまでにおよそ3000枚の赤信号無視の現場写真が撮影され、違反切符が切られていた。赤信号無視の違反は351ドル(3万8千円)の罰金が課せられる。

違反したと言われた住民から不当であると不満の声があがったために、当局が調査し事態が判明した。州交通局の規定では、黄色信号の間隔は道路の制限速度によっているという。しかし、この調査で信号機に誤りが発見されたために、州規定に基準にあわせて信号は全てがリセットされた。

赤信号違反の多くは、信号が赤になってから数秒後の通過であるため、黄色信号の問題とは関係がない場合が多いにも関わらず、リセット以前に発行された違反切符は全て無効にすると警察では発表した。

**[この記事への直リン用URL]**2005年09月28日 17:02(米国時間)

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会
(C)ABCDane.net D姐
~バカ情報フロム★アメリカっ~
American Baka Comedy Shinkokai
http://abcdane.net/