英国人女性が2つの子宮から双子を出産 500万分の一の異例

あるイギリス人女性が2つの子宮から双子を出産したことが明らかになったが、これば500万分の一の確立だという。

クレア・マイルズさん(35)は稀な体質で、子宮の大きさが通常の半分で2つあった。このため、妊娠し無事に出産するのは困難を極めていた。

2つ子宮がある女性で妊娠したケースは、世界中で1905年以来クレアさんがわずか70人目のケースである。しかも英国国内ではこの50年で、赤ちゃんが無事に生き残ったケースはクレアさんで5件目である。

クレアさんは帝王切開で出産し、右子宮から生まれた赤ちゃんにはノア・ヘンリー、左子宮から生まれた赤ちゃんにはメイジー・ローズちゃんと名づけられた。

クレアさんは生理痛がひどいため、診察したところ20歳の時に子宮が2つあることに気が付いた。「私は一生、母親にはなれないと思っていました」と話す。子宮頸部や膣も2つあったが、21歳のときに手術で膣は1つにしたが、子宮をひとつにするのは医師の判断で危険すぎるために手術は行わなかった。

妊娠31週目で陣痛が始まり、33週目に胎児が1.8キロになった33週目の6月に出産した直後には集中治療が行われたが、現在ではふたりとも元気に育っている。

**[この記事への直リン用URL]**2005年10月30日 17:45(米国時間)

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会
(C)ABCDane.net D姐
~バカ情報フロム★アメリカっ~
American Baka Comedy Shinkokai
http://abcdane.net/