「暴力的」と50セント主演映画をロス黒人地域らがボイコット

人気ラッパーの50セントことカーティス・ジャクソンが初主演し、11月に全米公開される映画が、「暴力的過ぎる」と波紋を呼び、ロスの黒人地域に掲げられた巨大ビルボード広告を撤去するように活動家や地域住民がパラマウント映画に訴えいてる。

問題になっている映画「Get Rich Or Die Tryin' (ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン)」は、50セントがニューヨークのストリートからラッパーとして音楽界のトップに上り詰めるまでの実体験が元になっているが、ポスターや広告には、銃を手にしている50セントの姿が使われている。

これに対して【暴力を助長している】と各団体が糾弾し、特にロサンゼルスでは黒人が住民の大半を占め、銃関連の事件・死傷者が後を絶たないサウス・セントラル地域で抗議活動が行われた。

「銃による暴力はサウスセントラル地域や他の都市部で若者黒人男性の主な死因のひとつである。銃を持つことを賛美するようなマーケティングをするパラマウント映画の責任感に欠けている。銃は大量破壊兵器だ。子どもが影響を受けないように、このような悪い画像を撤去するように求める」と声明を発表した。

映画は、11月9日に全米公開される。

ポスターには銃を左手に持ち、右手にマイクを持って両手を広げた50セントの後姿の画像が。

確かに、50セントのように左頬に銃弾貫通がクールとかなってしまったら困るですしね。「俺、4つ貫通穴あるぜ」「すげー」みたいな。

でも、右手にマイクはどうしても「カラオケ?」って連想しちゃうんですけど。

「俺は50セントが25セントだった頃からの大ファンだ」 by クリス・ロック
----名言過ぎるのでメモ。ちなみに「Get Rich Or Die Tryin' 」は慣用句で「何が何でも金持ちになってやる」といったニュアンス。

**[この記事への直リン用URL]**2005年10月26日 11:57(米国時間)

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会
(C)ABCDane.net D姐
~バカ情報フロム★アメリカっ~
American Baka Comedy Shinkokai
http://abcdane.net/