4千年前にラーメンが存在!最古の麺が中国で発見される。

中国で最古のものと思われる”麺”が見つかった。麺は保存状態が驚くほどよかったが、これは裏返しになっていた土製のどんぶりから発見された。

発見されたのは黄河沿いの中国北東部でおよそ地下3メートルの場所に埋まっていた。この土地の集落は4千年前に地震で壊滅していた。

最古の麺は黄色く細長く、中国の代表的な麺であるラーメンに酷似している。

この発見は10月13日発売の科学誌「ネイチャー」で発表されるという。

麺の化石の発見の前には、およそ1900年前の漢時代に書かれた文献に麺に関する記述があると、今回の発見に携わった中国の考古学者は説明しているが、調査の結果、最古の麺は小麦からできているのではなく、米とともにキビ・アワといった雑穀からできているという。これによって、古代中国で農耕技術の基礎が確立されていたことになる。

「考古学的にいえば、小麦は中国北西部に4~5千年前に存在していたと立証されていますが、これはずっと後になって耕作されるのが一般的になったのです。小北西部から東、そして南へと徐々に広がり、麦が市民権を得るまでは随分長い時間がかかりました。」

中国では唐から宋時代の西暦618~ 1279年にかけて小麦は普及し、米に次ぐ第二の穀物となった。

お湯をかけたら、最古のインスタントラーメンのできあがり?になりませんかね。


**[この記事への直リン用URL]**2005年10月12日 17:25(米国時間)



ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会
(C)ABCDane.net D姐
~バカ情報フロム★アメリカっ~
American Baka Comedy Shinkokai
http://abcdane.net/