エアギターから本当に音が出る!新テクノロジーがフィンランドの大学で開発

airguiter.jpgフィンランドのコンピューターサイエンス学科の学生たちが、巷で話題のエアギターを"演奏”すると実際に音が聞こえてくるようなシステムを開発した。

ヘルシンキ科学大学による「バーチャル・ギター・プロジェクト」では、ギターを持たずにギターを弾いている振り真似をするだけのエアギターから、本物のエレキギターの音が聞こえるようなるという。

「ニューサイエンティスト」誌が伝えるところによれば、エアギターの“演奏者”の手の動きをコンピューターで解析し、エアギターで奏でるリフやソロプレーに合わせて音を出すのだとか。

ヴァーチャル楽器の開発を講義として受けた後に、3人の学生がこのアイデアを思いついて研究を始めたという。「開発しようと最初に思いついた楽器は、エアギターです」

このシステムには、ビデオカメラ、コンピューター、そして大音量のスピーカーセット一式が必要になる。

エアギター・プレイヤーは、派手な色の手袋をつけて演奏することで、コンピュータービジョンのソフトが手の動きを捉えやすくなり、細かなゼスチャーの違いを検地しやすくなる。

このシステムを使うと、もちろんエアギターの奏者によって奏でられる音はさまざま。激しく演奏すれば、それなりに激しいサウンドが出るのだという。

エアギターは究極のローテクなのに…。これはエアギター・プレイヤーにとって吉報なのでしょうか?
世界エアギター協会公認グローブみたいのが発売されたりして。

**[この記事への直リン用URL]**2005年11月29日 10:00(米国時間)

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会
(C)ABCDane.net D姐
~バカ情報フロム★アメリカっ~
American Baka Comedy Shinkokai
http://abcdane.net/