2005年11月14日

五輪を控えた北京で「デタラメ英語標識」を修正へ
カテゴリー[ABCな三面記事]

2008年にオリンピックが開催される北京で、みっともないデタラメ英語の看板・標識を全面的に修正することを発表した。

地元紙には、「正しい英語でオリンピックを迎える」キャンペーンの記事が伝えられた。これによれば、いい加減で思わず笑ってしまうような英語の標識が市内で300件も指摘されている。

例えば「エスニック・マイノリティ(少数民族)の公園」の英訳は「人種差別公園」だったり、北京国際空港の緊急非難口には「No entry on peacetime(平時には立ち入り禁止)」と書かれている。

また、道路が濡れて滑りやすくなった際の注意を促す道路標識には「滑りやすいは、悪賢い」との警告が。これらの標識の英語は2007年までに全て修正されると同紙には書かれている。

北京五輪に向けて中国で「トイレ大革命を起こす」と発表

beijin_mascot1.jpgトイレ直したり、看板直したりする前に史上最高にかわいくないというか、むしろコワイ(考えた人のセンスとかも)、大会マスコットをどうにかしたほうがいいような。

今日、カリフォルニア州のシュワ知事が中国入りしたようなので、近日中にこのコワイマスコットと戯れるシュワ知事の姿が見れそうなので楽しみですけどね。


**[この記事への直リン用URL]**2005年11月14日 00:22(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?

Google
Web ABCdane.net