カニエ・ウェストのコンサート係員が銃で撃たれ重体

ラッパーでグラミー賞受賞のカニエ・ウェストのイギリスで行われたコンサートで、2人の会場係員が銃で撃たれるという事件が起こった。

バーミンガム・ナショナルセンターで行われたコンサートで、チケットを持っていないのに会場に入とうと押しかけた男女を制止しようとした係員が銃で撃たれてしまった。この事件で21歳の男性と20歳の女性が逮捕されている。

アカデミー賞受賞男優ジェイミー・フォックスとのコラボレーションであるシングル曲「ゴールド・ディッガー」も大ヒットしたが、日ごろの強気な発言や先月発売された雑誌の表紙で、イエス・キリストの最期の姿に扮して物議を醸したカニエだが、衝撃的な事件に「被害にあった方に心から回復を祈ります」とメッセージを発表している。

逮捕された男女はデートで、カニエのコンサートに訪れチケットが出に入らず、係員にチケットがないことがばれて発砲に及んだと見られる。

被害者のひとりは、かすり傷程度で治療後すぐに退院したものの、もうひとりは顔・腹部・足を撃たれていまだに重体である。

逮捕者がでているものの警察では他の目撃者からの情報で、18~22歳ぐらいで編みこみをした髪が首中央まである背が高い黒人男性の行方も追っている。

先日はバスタ・ライムズのボディガードが銃で撃たれて死亡するという事件もありましたが、一般人にまで被害がでてしまうとは。

**[この記事への直リン用URL]**2006年03月02日 16:29(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

サイト・ナビ