2006年3月31日

荒れ放題!ホイットニー・ニューストンの家はドラッグ御殿
カテゴリー[トラブル・セレブ]

グラミー賞受賞で映画「ボディガード」などでも知られるR&Bのスーパースター歌手だったホイットニー・ヒューストン

最近では、R&Bグループニューエディションで活躍しソロでも成功をおさめた夫のボビー・ブラウンとの私生活を公開した番組「ビーインブ・ボビー・ブラウン」が大ヒットしたりもした。歌手としての復活を多くの人が望むところだが、しかし、ホイットニーのドラッグ癖はいまだにい完治していないようである。

ホイットニーにとっては義妹にあたる夫ボビーの妹ティナさんが撮影し、アメリカのタブロイド誌に売りつけた衝撃的写真が波紋を呼んでいる。

この写真はホイットニーのアトランタ郊外にある自宅での一室で、ホイットニーが鍵をかけて数日間一人でこもったあとに撮影されたものだという。5つの寝室がある豪邸の洗面台には、ゴミやビールの空き缶、食べ物の食べ残し、そしてさまさまなドラッグの残骸とそのための用具が散乱している。

写真だけではなく、自らも中毒だというティナさん(42)の証言も衝撃的で、ティナさんとホイットニーは「ドラッグ仲間」で「一緒にキメたこともある。真実は明らかになるべきだわ。ホイットニーの中毒は治っていないし、毎日やっている。周りはホイットニーがオーバードースになってしまうのではないかと心配している」と語っている。

たまたまなんですが、確か先週辺りに夫のボビー・ブラウンがLAで仕事で来ていたらしく、アテクシのダンナが「妻が”ビーイング・ボビー・ブラウン”(ホイットニーとボビーの番組)の大ファンでいっつも見ていますよ。しかし、見ているとボビーさんが(ホイットニーのわがまま&奇行につき合わされっぱなしで)気の毒になっちゃいますよ」といったところ、ボビーは番組のファンだということに笑って「サンキュー」と嬉しそうに答えながらも、「俺も(自分自身が)気の毒になる」と話していたときはちょっと目がマジだった…なんて話を思い出しました。

**[この記事への直リン用URL]**2006年03月31日 16:59(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

サイト・ナビ