2006年4月22日

8歳の小学生が先生の車を勝手に運転して帰宅
カテゴリー[ABCな三面記事]

8歳の小学生が、自分の担任の先生の自動車を盗んだ上に、その車を自力で運転して帰宅してしまった。

ハンガリーの西部の小さな村に住むアーコシュ・サボー君は、先生の車のキーをつかむと学校に止めてあった車に押し入り、バックミラーをちゃんと自分が見えるように調整してから、車を運転して自分の家に帰ってしまった。

両親は、アーコシュ君が車を運転できるなんて思いもよらなかったという。

アーコシュ君が車を盗んだ理由がまたスゴイ。「家に歩いて帰る気がしなかった」からだそうだ。

車の盗難に関しての基礎は今のところ行われていないが、アーコシュ君は学校を退学処分になってしまったという。

退学させられちゃったって…8歳なんだから、もうちょっと温情かけてやってもよさそうなのに。

**[この記事への直リン用URL]**2006年04月22日 00:51(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?

Google
Web ABCdane.net