2006年4月17日

学校行事にアカデミー賞司会者を呼んだつもりが同姓同名のプロレスラーだった
カテゴリー[ABCな三面記事]

米国ユタ州の高校で年に一度の恒例行事のディナーパーティに、今年のアカデミー賞司会者でアメリカで最も有名なコメディアンであり、司会している番組をもとにしたAmericaもベストセラーになったジョン・スチュワートを招いたところ、まったく別の「ジョン・スチュワート」さんだと気が付いて、赤っ恥をかいてしまった。

このディナーパーティは参加費6千円で500通の招待状が送られ、900.人ビジネス関係者が来場していた。

私立ダビンチアカデミー高校では、今年初めに行事への出演依頼を多数の著名人やセレブに送っていて、「ジョン・スチュワート」がその依頼に応じ、数ヶ月前にブッキングしていた。

しかし、先週、確認の電話を入れるまで、ブッキングしたのは【アメリカで一番面白い男】のジョン・スチュワートではなくて、元講演会スピーカーでパートタイムでレスラーもしている「ジョン・A・スチュワート」さんだったとはまったく気が付かなかった。

学校ではレスラーのスチュワートさんの出演をキャンセルし、学校では「生徒たちにも、ちゃんと確認しないといけないといういい教訓になった」と話しているが、間違えられたスチュワートさんは「TV司会者のジョン・スチュワートと間違えられるのはよくある。自分でも、この仕事はこの自分のジョン・スチュワート宛なんだろうか”と考えます」と話している。

「学校は私にお詫びの電話をしてきて、告訴などしないように恐れていましたけど、私はジョン・スチュワートがくると楽しみにしていた生徒に申し訳ないです」とインタビューに答え、学校側はディナー・チケットの払い戻しにも応じているという。

【ジョン・スチュワート】をキャンセルしたかわりに、地元大学のジャズとパフォーマンスグループを代わりに呼んだらしいですが、そのまま誤スチュワートさんの講演でもオモシロそうだったのに。

**[この記事への直リン用URL]**2006年04月17日 06:38(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?

Google
Web ABCdane.net