2006年4月10日

ドラマ「24」少なくともあと3年は継続!主演のキーファー・サザーランドが48億円のビッグ契約
カテゴリー[ABCな米国テレビ]

Kiefer_RS.jpg人気米ドラマ「24」に主演するキーファー・サザーランドが、ジャック・バウワー役を引き続き演じる契約にサインしたと伝えられた。契約金は3年で4000万ドル(48億円)という破格で、この結果キーファーは米テレビ史上で最もギャラの高いドラマ出演者となる。

また米では5年目のシリーズが放送中の24 -TWENTY FOUR-で、39歳のキーファーはエグゼクティブ・プロデューサーに名を連ねることにもなった。さらにキーファーは自身のプロダクション会社をスタートさせる予定で、新しいTVシリーズやWEBのプロダクション制作をすすめるという。

また、先日はテレビ番組のインタビューで21歳のときに結婚した元妻との間の18歳の娘が、子どもを産み39歳にして「おじいちゃん」になったことを明かして話題になった。

最新号のローリングストーン誌はキーファーが表紙なのですが、その中のインタビューで、アルコール依存症の話や、91年当時に婚約していたジュリア・ロバーツが、結婚式の数日前に「スピード2」などで知られる俳優でキーファーの親友でもあったジェイソン・パトリックの元に走ってしまったことに関してめずらしく語ってます。

ジュリアのことは許しているけど、パトリックに関してはそうでもないようで「許すとかそういう問題じゃなくて、俺たちはその時友人だったし。だけどあれ以来、パトリックから電話をもらったこともない。その代わりに他の人から(ジュリアとの仲を)聞かされたよ」といまだに根に持っている感じ。

しかし、ジェイソン・パトリックって最近全然パッとしませんな。キーファーの呪い?

**[この記事への直リン用URL]**2006年04月10日 11:46(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?

Google
Web ABCdane.net