2006年4月 4日

モヒカン刈り復活のアンジェリーナの息子マドックス君のタトゥーをめぐってブラピとアンジェが衝突!?


パリで柔道を習い始めたアンジェリーナ・ジョリーの息子マドックス君に、トレードマークだったモヒカン刈りが、ここ最近でまた復活したようだ。

しかし、そんなマドックス君のファッションをめぐって、アンジェリーナとブラッド・ピットが対立したという噂が。

ふたりの意見が分かれたとファッションいうのは、モヒカン刈りではなくてタトゥーをめぐってだ。

タブロイド誌が伝えるところによれば、4歳のマドックス君は母の影響からか、タトゥーを入れたがったのだとか。この要望に母アンジェリーナも同意し、マドックス君のタトゥーにふさわしいデザインまで検討していたのだという。アンジェリーナが選んだのは、自分も彫っているもので身を守る意味のある仏教のシンボルだったとか。

しかし、これには”父”ブラピが猛反撃。ブラピは少なくともマドックス君が16歳になるまで、タトゥーを一切入れるべきではないと主張した。

とはいうものの、妥協案として「ヘナ」で一時的なタトゥーを描くことに、ブラピは了承したのだとか。

ブラピのレップはこの一件を否定しているそうですが。

**[この記事への直リン用URL]**2006年04月04日 23:29(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

サイト・ナビ