2006年5月14日

物議を醸すスイス政府のAIDS撲滅・全裸フェンシング&アイスホッケーCMは素敵過ぎ

裸の男女を起用したスイス政府による過激なエイズ防止キャンペーンのポスターが物議を醸しているという。

このキャンペーンはスイスの保健省が制作したもので、男女がフェンシングとアイスホッケーをしているというものだが、問題なのは選手が全裸ということなのだ。ポスターのみならず、屋外広告やTVCMでも放映されているという。

全裸で激しく格闘する選手の姿の横には「no action without protection(プロテクションしないでアクションしないで)」というコピーが「Love Life /Stop AIDS」とコンドームを模したキャンペーンロゴとともにつけられている。

このキャンペーンは保健省の狙い通りに注目を集め、キャンペーンの責任者は「我々はフェンシングやホッケーをするときと同様に、セックスをするときは全裸でしないで欲しいと訴えたかっただけなんです。コンドームをつけてください、と」と語っている。

スイスがオリンピック開催国になったら、全裸フェンシング&ホッケーが公式種目になってくれるんじゃないかと、わくわくしてしまいます。

スイスAIDS STOPキャンペーンサイト SPOTでCM動画が。CMでは全裸オートレースも。フェンシングのお姉ちゃんたちは乳見えてます。


素敵な開脚です


上手い具合に隠れすぎ。
中央が、ギリシャ2号(スタヴロス)かと一瞬。

**[この記事への直リン用URL]**2006年05月14日 12:03(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?