2006年6月28日

ヴィクトリア・ベッカム W杯観戦のためにさらに3キロダイエットしていた

posh_orange.JPGドイツで行われているワールドカップを順調に勝ち進んでいるイングランド代表の主将デビッド・ベッカムの妻ヴィクトリアは、ただでさえ痩せすぎと言われているのにも関わらず、観戦する姿がテレビに注目されるからといって、ドイツ入りする前に3キロ減量していたと伝えられている。

ヴィクトリアは夫の試合をよりスリムに観戦するために、寿司とパイナップルしか口にしないダイエットを決行したというが、健康面での心配をする向きも多い。

ヴィクトリアの滞在するホテルの関係者は「ヴィクトリアさんは確かに世界で最も美しい女性のひとりに間違いはありませんが、あの衰弱ぶりは我々にはどうしようもできません。ポキっと二つに折れてしまいそうに華奢なんです」と語る。

選手の妻たちとの食事を避け、代わりに息子たちと食事を取るという。「ヴィクトリアは他人に食事を見られるのが嫌いなようです。周りが彼女の体重のことをとやかく言っていることをわかっていますから。他の選手のカノジョや妻たちが、ハンバーガーやフライドポテトを食べているのに、ヴィクトリアは野菜スティックと生魚、フルーツしか食べてません」と明かす。

halfton_lost100kg.jpgまたある関係者は「ドイツに来る前に3キロ痩せたと話していました」と語っている。

WAGS(イングランド選手の妻やガールフレンドたち)と食事をしないで、息子たちと食事をとりたがるっていうのは、【見られたくない】とかダイエットには関係ないような気がしますが。

右の画像は以前に「体重550キロで4年間ベッドから起き上がれなかった41歳男性」が、ダイエットに成功して100キロ減量できて喜ぶの画像。【どこが痩せたんだよ…】と思いつつ、過去の画像を見ると、明らかに違いが!(肝心なところを布でかくしているだけかもしれないけど)今のところは手術ではなくイタリア人の医師が処方した高たんぱく質の食事療法で足せたのだとか。


**[この記事への直リン用URL]**2006年06月28日 00:57(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?

Google
Web ABCdane.net