2006年7月 4日

【速報!】恒例・全米ホットドッグ早食いコンテストで日本の小林尊が今年は「アイライン姿」でまたも優勝!
カテゴリー[ABCな海外三面記事]

hotodog2006_kobayashi.JPG
毎年、アメリカの建国記念日にニューヨークで開催される恒例のホットドッグ早食いコンテストが開催され、もともとはアメリカの愛国心たっぷりなコンテストにも関わらず5年連続で優勝している日本の小林尊がまたも優勝した。

小林は前日の記者会見で自慢の筋肉を見せるなどの余裕で、第一回目の優勝当時のか細い姿との変貌振りがTV中継でも紹介された。

12分間にどれだけのホットドッグを完食するかを競ったこのコンテストで、小林は 53 3/4本のホットドッグを食し、2年前に小林が樹立した53 1/2本の記録を破って2万5千ドル(275万円)の賞金を受け取った。

体重72キロの小林に対し、今年の地区予選で50本のホットドッグを完食して全米記録を樹立し、小林を倒す最有力とみなされていた体重100キロのカリフォルニア州のジョーイ・チェストナッツという選手がいた。

チェストナッツは下馬評通り、前半小林を圧倒してリード。テンポよくホットドッグを飲み込んでいったが、前半の飛ばしすぎがたたったのか、しだいに失速し、残り3分で小林が追いこんで優勝した。チェストナッツの記録は50本だった。

コノ模様は全国放送のスポーツ専門局ESPNで生中継される大イベントになっているのですが、今年のコバヤシ君は細眉どころか上下アイライン・ばっちり★で登場して、少なくともアテクシのど肝は抜いてくれました。ザ・キラーズのボーカルかと思ったよ。

それから群馬出身のOGUNI(大国?)という男性も参加してました。OGUI(大食い)と一字違いなんて、なんてステキな名前。’’どうでもいいんですが、

**[この記事への直リン用URL]**2006年07月04日 10:30(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?

Google
Web ABCdane.net