2006年7月 8日

アメリカでもiPodで落雷?医師が注意を呼びかけ

ipod_rakurai.JPG先週末にiPodを利用していた最中に落雷の被害にあったコロラド州のティーンエージャーがTVのインタビューに答え、当時の状況を語った。

ジェイソン・ブンチ君はiPod Nanoで音楽を聴きながら、自宅の外で芝刈りをしていたところ、雷が直撃したと言う。

ジェイソン君によれば、電流は耳にしていたヘッドフォンを伝って顔面を焼き、着ていたTシャツやiPodを入れていたショートパンツのポケットは丸焦げになった。

ジェイソン君はすぐに救急室に運ばれ、今週、退院するまで集中治療室で手当てを受けていた。落雷で足の甲や顔にあざが残っている。

医師はiPodによって、落雷を受ける可能性が高くなると警告しているが、つい2週間前にもイギリスでiPodや携帯電話といった電子デバイスが落雷を誘発すると注意を呼びかけていたばかりだった。

まずは落雷が起こるような天気のときに、芝刈りをするなと呼びかけてみるのはどうでしょう?

**[この記事への直リン用URL]**2006年07月08日 14:30(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?

Google
Web ABCdane.net