2006年7月19日

米ディズニーランドで横暴&エッチ行為?と報道されたリンジー・ローハンが反論
カテゴリー[リンジー・ローハン]

20歳になった女優リンジー・ローハンが誕生日祝いにカリフォルニア州ロサンゼルス近郊のディズニーランドに招待され、友人ら数人と超VIP待遇でやってきたものの、その横柄な態度と「地上で一番ハッピーな場所」と呼ばれるディズニーランドではあるまじき行為で、従業員の反感を買ったと伝えられたが、この話をリンジーの広報が否定した。

リンジーの広報は「ディズニーのはからいで、誕生日をテーマパークで過ごせて幸せに思っています。どても楽しい時間を過ごしましたが、他の話はすべてでたらめです」と発表した。

さて、その「他の話」とは一体どんなことだたったのか?

----金曜日の夜10時にリンジーらがリムジンで到着。しかし、リムジンの中ですでにパーティは始まっていたようで、一行は大騒ぎ。他の客のいないカリフォルニア・アドベンチャーでは、リンジーらのためにアトラクションが稼動された。また、こういったアトラクションは酒酔いなどをしている客は乗れないのだが、リンジーら一行は明らかに酔っていたという。

ハービー/機械じかけのキューピッド」や「彼女は夢見るドラマ・クイーン」など主演映画の多くがディズニー製作によるものであるリンジーだが、一行は12時過ぎにディズニーランドに移動。ここでも、貸しきり状態でリンジーらだけのためにアトラクションが稼動した。一行はハッパのような香りもし、アトラクションに乗るのにつまづいたりよろめいたりするものもいて、心配する従業員もいたという。

しかし、あまりにも横柄で乱暴であるために、リンジーたちが遊び終わったころの午前1時半には、従業員の中でリンジーのファンは誰もいなくなってしまったという。

また、驚くべき噂なのが、セイリングシップ・コロンビア号でのリンジーたちの行為。ミッキーマウスを乗せ、アメリカ河を遊覧しながらデザートまでおもてなしされたが、リンジー一行には暗闇ではいかがわしい行為を始めた人間もいたのだとか。

----と、こういった話をリンジー側は否定したのだけど、果たして真相は?

ということで、一行の中にはもちろん、リンジーの新恋人くりぃむしちゅーの有田似の億万長者の息子の青年実業家ハリー・モートン氏もいたそうな。
新恋人発覚!?のリンジー・ローハンは、ミーシャ・バートンと友情復活したがっている!  ハリー・モートンがどんな人かはコチラで。

**[この記事への直リン用URL]**2006年07月19日 00:52(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?

Google
Web ABCdane.net