2006年8月15日

これが問題の英ハリー王子のブロンド娘オッパイわし掴み!
カテゴリー[ABCなポロリ]

英タブロイド誌サンが、ナイトクラブで女性の胸をわしづかみにしているハリー王子(21)の写真を掲載して物議を醸し、王室側がサン紙への記事訂正を求めている。

写真には、次男のハリー王子がブロンドの若い女性の胸をわしづかみにしながら、頬にキスをしている姿の後方に、長男ウィリアム王子がカクテルグラスを持ちながらうつろな表情をしている様子も見える。

サン紙ではこの写真は今年の夏に撮影されたものだとしているが、王室は3年前の9月に撮影されたものだと反論している。

なぜ、写真が撮影された時期が問題になっているかといえば、プレイボーイとしても名高いハリー王子はチェルシー・デイヴィーさんと交際していることを公表しているため、今年の夏に撮影されたものであるなら、ハリー王子が”浮気”をしていることになってしまうからだ。サン紙は恋人のチェルシーさんが写真に居ないのは、彼女が海外に滞在中だったからだとしている。

胸を掴まれている女性は28歳のTV司会者であるナタリー・ピンカムさんで、ナタリーさんは写真は盗まれたか何者かがコピーをしたかで、無断で使用されていると話している。

しかしこれに対してもサン紙は写真は、ちゃんと買ってネガも持っていて、本物であることには間違いないと反論。撮影された場所も、王室側はサッカーリーム・チェルシーのクラブの下にあった現在は閉鎖しているパープルだとしているが、サン紙はロンドンにある一般人も出入りできるナイトクラブBoujisだと、ここでも意見が食い違っている。

サン紙がハリー王子ご乱行の写真を掲載にふみきったのは、先週に姉妹紙の記者がチャールズ皇太子のスタッフの携帯電話盗聴に関わった疑惑で逮捕されたという件への報復なのではないかとも囁かれているとか。

ハリー王子の素行が問題になったのは、今回が初めてではない。2002年にマリワナを吸ったり飲酒をしたりしているところ画問題になったり、その2年後にはパパラッチとのけんかが話題になり、また昨年はパーティにナチの制服を着て出席した写真が公になり、後に謝罪したという事件があった。

どっちの言い分が正しいかは、第三者が調べらればすぐにわかりそうな木もするのだけど…。そこがロイヤル?

**[この記事への直リン用URL]**2006年08月15日 22:13(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?