2006年9月23日

今週末興行成績1位はバカ映画「ジャッカス・ナンバー2」で決まり?
カテゴリー[ABCな海外三面記事]

MTVのテレビ番組から映画化され大ヒットした「ジャッカス」のパート2「ジャッカス・ナンバー2」が昨日からアメリカで公開され、今週末の興行成績1位になることが予想されている。

ジャッカス(Jackass)とは、もともとは雄ロバの意味だが、一般的には【大バカ者】という意味で使われる。「Ass」単独ではロバという意味の他に、【バカ】や【尻(ケツ)】といった意味で、いずれも非常に下品な言葉になる。

しかし、2002年にはMTVの親会社であるヴァイアコム社を訴えた男性が現れてた。モンタナ州に住むジャック・アス(Jack Ass)さんだ。アスさんは97年に本名をボブ・クラフトと変えているが、ヴァイアコム社に対して、「盗用」「中傷」だとして1000万ドル(11億円)の賠償金を求める裁判を起こすという騒動まで。アスさんは「私が作り上げた信用の評判を傷つけ、私の個性を侮辱した」と訴えたのだった。

そしてタイトルの「ジャッカス・ナンバー2」にもジャッカスらしい意味が隠されている。”ナンバー2”とはトイレの「大」の意味のスラングが。つまり「ジャッカス・ナンバー2」は映画第2弾とかけながら、「ジャッカス・ウンコ」という意味も。

…なのだけれど、公開前日に行われたプレミア試写会では”ナンバー1=オシッコ”をレッドカーペット上でしてしまった出演者が。

もちろん、そんなバカは一番のキケン人物スティーヴォー。笑顔で放尿パフォーマンスの大サービス。

どうでもいいけど、スティーヴォーって歯がキレイすぎ。
スティーヴォー暴露!有名俳優が「やらないか?」

                            

**[この記事への直リン用URL]**2006年09月23日 22:27(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?

Google
Web ABCdane.net