2006年10月20日

グレイズ・アナトミー降板も? ゲイ発言から発展したケンカの真相
カテゴリー[トラブル・セレブ]

今まで「どうでもいいニュース」でフォローしてきたグレアナのケンカ騒動が、意外な方向に発展、キャスト降板まで噂されているので、詳細を。

事の始まりは、プレストン・バーク医師を演じるイザイヤ・ワシントンと主演のパトリック・デンプシーのケンカだった。

この原因はワシントンが、日ごろからデンプシーのセクシーなイメージにジェラシーを抱いていたからだという。ワシントンは、自分もセクシーな男として認められもてはやされるべきだと感じていたのだった。

そんな中、撮影前にジョージ・オマリー医師役のT.R.ナイトが遅れていて、待ちになったときがあり、ワシントンはいらいらしていたという。やっとナイトが現場セットにやってくると、ワシントンは怒りだしたという。

そこで、デンプシーが「(弱いものいじめはやめろという意味合いで)ケンカをするなら、自分と同じ体格のヤツとやれ」と言ったところ(←かなりカッコいい)、ワシントンは激怒し、デンプシーを突き飛ばし、のど元を掴んできたという。

そして、ワシントンはデンプシーに「俺はおまえのかわいいTRちゃんのようにオカマ野郎じゃないからな!」といった信じられない差別発言が飛び出し、昨日はTRナイトがゲイであることを告白した。

デンプシーがかっとなるとおさまらない性格は、以前にも問題になって、別のドラマの衣装係はワシントンからのど元を掴まれて、ソファに投げ出されたこともあり、警察がワシントンを取り押さえたこともあったという。

また、ワシントンには降板も噂されていて、タブロイド誌では、番組プロデューサーは早くもワシントンの後釜候補として、「ER緊急救命室」のエリック・ラサール、「ソウル・フード」のボリス・コジョー、「ファストレーン」ビル・ベラミーといった黒人俳優3人と面接をしているという。

今年で3シーズン目を迎えた「グレイズ・アナトミー」は今までの日曜日放送から、木曜日に放送日が変わっても視聴率が好調で、同じく木曜日9時に放送している視聴率ナンバーワン番組「CSI」を抑えて、視聴率1位の座を奪っている。

とにかくデンプ氏は世間の期待通り、正義の味方だったということですかね。ワシントンの代役はボリス・コジョーだったらいいな。

ところでワシントンの発言に対して「どんな状況でこんな事を口走っちゃったんでしょうか!?気になって夜も悶々として眠れません」とメールいただきましたが、もしやTRとデンプ氏の関係をワシントンが見破っちゃった?とか妄想されたかもしれませんが、残念ながらそうではないようです。かしこ

**[この記事への直リン用URL]**2006年10月20日 11:32(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?