2006年10月22日

下剤ダイエットで囚人が15センチの穴を潜り抜け脱出
カテゴリー[ABCな海外三面記事]

オーストラリアの囚人が断食と下剤ダイエットで14キロ減量し、15センチの穴からくぐり抜けて脱獄に成功し、まさにリアルプリズン・ブレイクを敢行させていた男の裁判が行われた。

ロバート・コール(37)は1月にダイエットで56キロまで体重を落とし、収容されていたシドニーの刑務所の壁窓に15センチ大の穴をバターナイフで穴を掘って、この穴からくぐり抜けていた。

コールは当初、2003年に起こした強盗に関して、精神障害による無罪だと陪審員が判決を下した後に、刑期不特定で刑務所の精神病院への入院を宣告されていた。

金曜日に行われた裁判では「いつ出所できるかも、どんな精神治療がされるかの計画もわからず、非常にイライラしていた」といい、コールは脱獄から数日後に逮捕され、別の刑務所に収容された。

脱獄に関して有罪が確定し、26ヶ月の服役が言い渡されたが、この刑期が終わってもコールは当局の許可が下りるまで、刑務所病院で精神障害の治療にあたるという。

この男の姉妹はオーストラリアのTV女優デニース・ロバーツという人だとか。

**[この記事への直リン用URL]**2006年10月22日 00:41(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?