2006年11月21日

リンジー・ローハン謎の手首の傷にリストカット?と心配の噂
カテゴリー[リンジー・ローハン]

最近撮影されたリンジー・ローハンの左手首に謎の傷が発見されたことから、様々な推測が起こり、ファンを心配させているという。

今夏に転んで腕を亀裂骨折し、この数週間はギプスや包帯などをして外出することが多かったリンジーは、先週水曜日に、ロンドンで行われた世界音楽祭(マイケル・ジャクソンが出演)の司会を務めた。

この日リンジーはセリフを間違えたりと司会はボロボロで、客席からブーイングさえ起こってしまった。また、階段から落ちたり、プレゼンターとして登場していたパリス・ヒルトンと顔を合わさないように、主催者は気を使っていた。

が、その後に撮影された写真では、リンジーの左手首に、古いものや新しいものが混じった数箇所の切り傷があり、自傷しているのではないかと心配の声があがっている。また、右腕には、【8】の字型の火傷の傷もある。

自傷に詳しい専門家が英タブロイド誌に「腕の傷は自傷の最も典型的なタイプです」と前置きした上で語ったところ、「傷の数があまりにも多いので、アクシデントでついた傷だというのは難しいでしょう」と言っている。

しかし、リンジーの広報は、リンジーが茂みの中で倒れたときに、この傷はできたものだと主張。

またリンジーは世界音楽祭でレンタルしていた2万ポンド(400万円)相当のカルティエのダイアモンド・ブレスレットを紛失してしまったのだとか。

リンジーはありとあらゆるところを探したのに見つからず、カルティエの担当者はカンカンだとか。リンジーの関係者はホテルの部屋のカーペットの下まで探したというが、リンジーが弁償することになりそうだとの話。

また、土曜日の早朝は撮影があったのにも関わらず、前日クラブで遅くまでパーティをしていたため、撮影をドタキャンし、夜にはまた別のクラブを訪れて15万円の請求をされ、リンジーがキレて大騒ぎしたために、タダになったりと、ロンドンでの評判はすこぶる悪い。

そして、およそ2ヶ月前にリンジーがフラれた恋人ハリー・モートン氏には新恋人ができたとの噂。リンジーはハリーとよりを戻したがっていたために「数ヶ月は恋人を作らないでいる」と約束していたが、ハリーはまったくリンジーには興味がなくなっていると友人が語っている。

【頭の中から離れないセレブ】になったリンジー・ローハンのなんかエロっちいグラビア この写真では長袖を着ているけど、良く見ると左手首だけは隠しているし、包帯もしている。

**[この記事への直リン用URL]**2006年11月21日 08:13(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?