2006年11月13日

究極の減量手術【胃バイパス手術】で痩せすぎた女性セレブって誰?やっぱり…

アメリカで一般的に標準体重より50キロ以上も体重が多い”超肥満”な人に施術される「胃バイパス手術」をあるハリウッドセレブが受けていると話題になっている。

ニューヨークポスト紙によれば

「若いハリウッド女性セレブが、こっそり胃バイパス手術を受けていたというのは誰だろう?でも、そのおかげで痩せすぎてしまったとか。それで最近になって、健康クリニックに4日間入院したのだけど、そのバイパスをとる手術をしたのだとか」

胃バイパス手術は、胃の上部を小さな袋状にして胃と機能させるために、それと小腸をつなぐバイパスを通すことで、胃のサイズを小さくして減量効果をはかるもの。効果が高いもののリスクも大きいため、アメリカでは45キロ以上体重が多すぎる人やBMIが40以上(理想的なBMIは18.5~25)の人に施術される。

が、やはり「若いハリウッド女性セレブ」「痩せすぎ」「最近4日間だけクリニックに入院」と聞くと、やっぱり噂のニコール・リッチーのことでは?、と思ってしまうのが大方の意見のよう。

胃バイパスをしていたのなら、「断固として拒食症ではない!」といつも言い張っていたのもわかる気がするしね。

**[この記事への直リン用URL]**2006年11月13日 19:29(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?