2006年12月 2日

今更なんだけど新スーパーマンのブランドン・ラウスの【もっこり】はそうでもないことが判明
カテゴリー[D姐ファイル]

今年夏公開され大ヒットした「スーパーマン リターンズ」。

公開よりかなり前の昨年12月に

「新スーパーマン役のブランドン・ラウスのもっこりが特大で、全身タイツで目立ってしまうと映画会社の重役を悩ませ、緊急にデジタル処理で補正するように命じられた」

なんてニュースが流れたんですけどね…。

映画を見ながら、「ああ、本当に目だ立たなくなってる!CG職人さんも大変だった思うけど、いい仕事してるわ」と感心した人も多いはず。

が、一足早くアメリカでは「スーパーマン・リターンズ」のDVDが発売済みで、その中の特典映像で問題のブランドン・ラウスが生肌色の全身タイツでモーションキャプチャーの土台になっている様子が!

それを見ると…悩むほどのもっこりでは全然ないのでは?

うううぅぅん、ブランドン・ラウスがほぼ無名の役者であったために、「特大モッコリ説」を公開半年前から流して話題をつくってみました戦法にまんまとハマってしまったわけか…。


**[この記事への直リン用URL]**2006年12月02日 21:51(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?