2006年12月 1日

20歳アイドル リンジー・ローハンがアルコール依存症更生の禁酒集会に出席を認める
カテゴリー[リンジー・ローハン]

アメリカで飲酒解禁年齢は21歳だが、子役出身で女優や歌手として活躍する20歳のリンジー・ローハンが、AAと呼ばれる「アルコール依存症更生のための禁酒プログラムの集会」に出席していることを認めた。

昨日、タブロイド誌に「リンジー・ローハンが自宅近くのAAに何度か出席している」との記事が掲載され、本日、リンジーの広報が「リンジーが出席し始めたのは事実ですが、これはポジティブなことです」とコメント。しかし、「問題は、どの大ばか者がリンジーが出席していることをばらしたかです」と言っている。

また広報は「出席はリンジーの意思で決めたことです。ところで、リンジーは明日から飲酒をやめる、とは言っていないのですが」とも。

AAではリンジーを誰も判断したりすることなく、行って安心できる場所で、克服にはゆっくり時間をかけるとのこと。

リンジーは11月20日に逝去した巨匠ロバート・アルトマン監督の遺作「A Prairie Home Companion」に出演していたが、遺族にあてたお悔やみの手紙が公開されたものの、意味不明瞭・稚拙・スペルミスと笑いものになっていた。

また、先日はパパラッチのビデオカメラに向かって「パリス・ヒルトンに殴られた。冗談じゃないわ」と怒っていたものの、その後、またもパパラッチに向かって「私とパリスは友人同士よ。仲が悪くなったなんて作り話をしないで」と、支離滅裂なことも叫んでいた。

そして、昨日のGQパーティでは、AAに出席していると噂が出た後だったが、会場でリンジーはシャンペン片手に陽気にしていたという。しかし、直後に女優ジェシカ・ビールと女性アシスタントが現れると態度が急変。女性アシスタントは数ヶ月前までリンジーのアシスタントをしていた女性で、「なんであの女がここに来ているのよ!あの女はここに来るべき女じゃないわ!」と狂ったように怒っていたという。

周りは無視していたものの、もちろん会場内は緊張感に包まれたが、コメディアン俳優のウィル・フェレルレオナルド・ディカプリオやゴア元副大統領、ベン・アフレックなどに向かって「あんなキ○ガイ、もうどうでもいいよな」といって笑いを誘って場がなごんだという。
その後、リンジーはまたもシャンペングラス片手に、今度はディカプリオにモーションをかけていたが、あえなく無視されたという。

故アルトマン監督へのお悔やみの中にも、AAで使うマニュアル本”12st book”からの引用があったとか。

「パリスのせいでアザ!」リンジーまたもパリス非難!…だけどブリパリに加入?と謎の行動
頭の中から離れないセレブ】になったリンジー・ローハンのなんかエロっちいグラビア GQの件
リンジー・ローハン謎の手首の傷にリストカット?と心配の噂

**[この記事への直リン用URL]**2006年12月01日 18:11(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?