2006年12月 6日

9300万円でヘップバーンのドレスを落札したのは、ヴィクトリア・ベッカム?の噂が!

オードリー・ヘップバーンが「ティファニーで朝食を」の中で着用した黒いドレスが、41万ポンドで落札されて話題になったが、この購入者が誰なのかが注目の的になっている。

ロンドンのクリスティーズで行われたオークションでは入札が殺到し、電話による入札バイヤーが当初の予想価格の約6倍の41万ポンド(9300万円)で落札した。この値段は、クリスティーズ史上、最も高価なドレスの記録にもなった。

1961年の「ティファニーで朝食を」で登場するこのドレスは、ジバンシーのデザインによるもので、長い手袋とパールのネックレスもついてくる。

オードリー・ヘップバーンのドレスのサイズは6で、ウェストは24。

このドレスを購入した可能性があるひとりとして、イギリスのメディアはヴィクトリア・ベッカムをあげている。ヴィクトリアのウェストのサイズは23だが、ヴィクトリアはかねてからオードリー・ヘップバーンの大ファンで、すでにヘップバーンが着用していたチョーカーも持っているとか。

また、イングランド代表のルーニー選手の婚約者でヴィクトリアに劣らないファッション番長としても知られるコリーン・マクルーリンも、怪しいといわれている。コリーンは豪邸の中にヘップバーンに憧れて作った「ビューティ・ルーム」なるものがあるのだとか。

ベッカムの広報は「落札にヴィクトリアが関係しているのか、まったく知りません」と話しているが、クリスティーズでは落札者の名前は明かさないものの、ヨーロッパに在住している人による落札だと明かす。このドレスは、ジバンシーがチャリティ寄付の資金のために出品したものだった。

私は「ドレスを買ったのはヴィクトリアじゃない」に300ポッシュ。

**[この記事への直リン用URL]**2006年12月06日 10:57(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?