2006年12月16日

自殺の原因示唆?でシエナ・ミラー主演映画にボブ・ディランが待ったをかける
カテゴリー[シエナ・ミラー]

前評判が高く、オスカー候補も夢ではないと期待されているシエナ・ミラー主演の「ファクトリーガール」が大物歌手の意向で公開差し止めの危機に晒されている。

映画ではポップアートの巨匠アンディ・ウォーホールの"女神"と称された女性イーディ・セジウィックが演じ、71年のイーディのオーバードーズによる自殺は恋人に振られたことが原因だと示唆している。

問題の恋人は映画ではビリー・クィンという名前でヘイデン・クリステンセンが演じてる。ビリーは、ボブ・ディラン、ローリングストーンズのミック・ジャガー、ドアーズのジム・モリソンを合成したキャラクターだとしているが、ビリーを演じるヘイデンは、帽子姿にハーモニカでパフォーマンスとフォーク界のスーパースター・ボブ・ディランを髣髴とさせている。実際、現在65歳のディランはマンハッタンのチェルシーホテルに住んでいたイーディと親しくなっていた。

ディランの弁護士は、映画の試写を見た批評家たちは、ヘイデンの演じるキャラクターを間違いなくディランのことだと考え、ディラン側のリーガルチームが試写を見て中傷に当たるかどうかの検討をするまでは、映画の公開を控えるようにと伝えているという。

映画でボブ・ディランを髣髴させるキャラクターが、イーディのヘロインによるオーバードーズを起こさせ死に至らしめたと示唆していることにディランは「非常に懸念を抱いている」とのことで、弁護士は「ディラン氏の名前が使われていないとしても、その描写はディラン氏のパブリシティ権を侵害し中傷している」との旨を製作会社であるウェインスタイン・カンパニーに書類で提出している。アメリカでの公開は12月29日が予定されている。

実名で登場しているルー・リードはすでに映画の非難をしているひとりである。リードは製作会社を「売春婦の集まりだ」と罵り、脚本を読んだが、ここしばらくお目にかかったことの無い、最低でむかつく代物だ」と酷評している。

とはいえ、ミラマックスの創始者ハーヴェイ・ウェインスタインがプロデューサーだと、この差し止め騒ぎも話題づくりのため?とか勘ぐっちゃうんですけどぉ。

しかしナニが大変かって、この映画の画像を漁っていると、本物のイーディなのか、シエナの演じているキャラなのか、見分けがつかなくなることです。

シエナ・ミラーの気になる股間青アザ

**[この記事への直リン用URL]**2006年12月16日 22:30(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?