2007年1月30日

お願いだからがんばって★菊池凛子たんのレッドカーペットファッション!

日本でも皆さん薄々感じているでしょうが、先日のゴールデングローブ賞での菊池凛子たんのファッションは、酷評されていたのでした…。

アメリカでは賞レース参加者には、新人だろうがベテランだろうが手厳しいファッションチェックの洗礼があるわけですが、ゴールデングローブ賞でシャネルのドレスを着た姿の反応はといえば…

●「バベル」でのリンコ・キクチは素晴らしいけど、あのファッションは最悪。チアガールの持っているポンポンにしか見えない。
●とにかくバランスがよくない。ヘアもダメ。
●鼻をかんだあとの丸めたティッシュをたくさんくっつけているのかと思った。
ほこりの塊みたい。

と、かなりの叩かれようで、見たり聞いたりしているコッチのほうが悲しくなってしまう感じ。

とにかくアノ金髪をどうにかして欲しい!(しかもベタなワンカラー・ブロンド)と私は思っていて、金髪に合わせて眉毛も染めているのもどうかと思い続けていて、新作の役柄なのかなんかのポリシーなのかわからないけど、とにかく髪色を似合う色にして欲しいと願っていたのでした。もう、ビバリーヒルズのヘアサロン紹介してあげたい!みたいな。

が、昨日のSAGでの凛子たんは、数段グレードアップ!しているじゃないですか!!!

とにかく髪色がブラウンになってヨイ!眉毛もちゃんとあるから、顔がはっきりしてる!

と、アテクシ的にはポンポン星人からよくもここまで脱皮したよと、よくやったよと大賛辞を送りたいのですが、またもやアメリカのTVでは、ファッションエキスパートが選んだSAGワーストファッション3人の中に凛子たんの名前が…。

じゃあ、どんな人がベストドレッサーと言われたのか参考までに、SAGでのファッションだと…。

うーん、さすがに抜け目ない。
ちなみに左から、Law & Order: Svu - The Fifth Year (4pc) (Full)のマリスカ・ハージティ、ケイト・ブランシェットエヴァ・ロンゴリアドリームガールズのケイト・ハドソン。

しかしそれでも以前に比べたら、数段ステキになっていると思うので、本番アカデミー賞ではマジでどうにかがんばって欲しいのです。ということで、過去の失敗例を。


特に白いルーズカフ?付きのシャネルのサンダル&ロゴだらけのシャネルスーツの着こなしがかなり不評。


個人的には髪はゆる巻き系が似合うと思うんだけど…。レッドカーペットでは髪飾り系つけたりすれば、それなりにゴージャスになりそうな。しかし別の機会でもまたもや不評の白いルーズカフ付きシャネルサンダル発見。

本当、大変だとは思うんですけどね。和服を着て行っちゃえば、やはり民族衣装なので絶対に叩かれないのは間違いないので無難と言ったら無難なんでしょうけど、ここはひとつ【ドレス】で勝負して名誉挽回して欲しいと思うのでありました。

**[この記事への直リン用URL]**2007年01月30日 03:31(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?