2007年2月 7日

ポロリ写真より隠したかった!?パリス私物サイトの”医療”データなどに仮差し止め命令
カテゴリー[パリス・ヒルトン]

パリス・ヒルトンの私物を公開したサイトに裁判所から、パリスがヌード写真よりも本当は隠しておきたかったモノかもしれなかった医療情報などに個人情報に関わる掲載の仮差し止め命令が発行された。

このサイトにはパリスの社会保険番号やパスポート番号、免許証といった重要な個人情報の他にも、数々の医療情報が掲載され、いろいろな憶測を呼んでいた。

私物アイテムのなかにはいくつかの処方薬のビンや、病院の領収書、診断結果書なども公開されていた。

薬には抗うつ剤としても使われる鎮痛剤Hydrocodone、不眠症薬Ambienのほかにも、ヘルペスの治療薬Valtrexなどがあって、ヌードのパリスと一緒に写真に写っている姿が公開されているジョー・フランシスも「あのサイトの医療データを見て、パリスとは2度とエッチをしたくないと思った」と話している。

またパリス名義ではないが、パリスと同じ誕生日の「アンバー・テイラー」という名前で2003年3月に流産をしていると記載された病院の請求書も公開され、最も憶測を呼ぶアイテムだった。

銀行の口座収支報告書も公開され、この口座には9.26ドル(1100円)しか残高が無かった。

そして他には、81年生まれのパリスだが、79年生まれでオハイオ州の住所の偽IDカードなどもあり、ニコールがごく短期間だけ在籍していたアリゾナ大学のIDもパリスの倉庫から見つかっている。

個人情報ではないけど、元婚約者のモデルのジェイソン・ショウが書いたメモなんかもあって。「俺はパリスにむかついている。あいつはいつもやっていることが間違いだらけだ。それにしょっちゅう携帯電話をなくす。だから連絡だってつかない。傷つくよ。この心の苦しみは、お互いの愛情の釣り合いが取れていないってことだ。」ってな感じで。

倉庫流出お宝でパリス・ヒルトンはタ○ポン吸い技を披露 ジェイソン君の写真も。

**[この記事への直リン用URL]**2007年02月07日 01:37(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?