2007年3月 5日

葬儀は済んだけど、娘の父親は謎のまま…18歳のアナ・ニコール娘予想図で本当の父親が見えた!?

2月8日に亡くなったアナ・ニコール・スミスの葬儀が2日に行われ、バハマで埋葬されたが、早くも現地ではアナ・ニコールの墓が人気観光地ナンバーワンになっている。

葬儀には知人・友人だけの非公開で一般ファンは参加できなかったものの、葬儀の行われた教会のまわりに多数ファンが押しかけ、アナ・ニコールが子どもの時代に虐待を受け、最期まで憎んでいた実母ヴァージーさんが到着すると大きなブーイングが起こった。

非公開とはいえ、CBS局のエンターテーメント番組のカメラが独占で入り、アナが生前好きだったピンク色で飾られ、アナの眠るお棺はスパンコールで名前を入れたピンク色の布に包まれて教会入し、カントリー歌手が鎮魂歌を歌うといった異例の葬儀の模様を伝えていた。

葬儀は無事に済んだものの、まだ明らかになっていないのが、生後6ヶ月の娘であるダニエリンちゃんの実父。書類上は恋人ハワード・K・スターン氏となっているが、現在のところ、元恋人のラリー・バークヘッド、元ボディガードのアレクサンダー・デンク氏、女優ジャージャー・ガボールの夫らが「実父」の名乗りを挙げ、さらにアナ・ニコールと結婚してま13ヶ月で亡くなった大富豪ハワード・マーシャル氏の精子を冷凍保存したもので妊娠したという噂まで飛び出している。

そこで、アナ・ニコールの6ヶ月の娘の写真を元に、犯罪科学的な方法でダニエリンちゃんが成長して18歳になったときの予想CGができあがったのだが…この顔はラリー・バークヘッド氏にそっくりであるとの声があがっている。

もともと、バークヘッド氏が父親なのではないかという声が一番多いのだが、今回のハイテク技術を駆使した予想CGでさらにその確信が深まったといえるのかもしれない。

デジタル処理で18歳になったダニエリンちゃんの顔を作った会社は、マスコミや警察などから依頼を受けて、行方不明になった子どもの顔を加齢させて捜索に協力している。

画像をつくったエキスパートも「最も似ているのはバークヘッド氏」と答える一方、2番目に似ているのは亡くなった大富豪のハワード・マーシャル氏で、ダニエリンちゃんの書類上の父親で渦中の人・ハワード・K・スターン氏の可能性はずっと低いだろうという。

葬儀を見てアナ・ニコールって本当に亡くなっちゃったのね、としみじみ思いましたが、なぜかガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュが葬儀に来ていたのと、ハワード・K・スターンが葬儀の言葉で「アナが亡くなった日、アナは悪夢を見てうなされていました。亡くなった息子のダニエルがどうしてもできないことを助けようとしたのに、ダニエルを失ってしまう夢でした」とオカルトちっくなことを言うていたのが印象的で。

**[この記事への直リン用URL]**2007年03月05日 00:35(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?