2007年3月 5日

シーツを使って自殺未遂!?ショッピング!?ブリトニー・スピアーズの週末

先週末はLAのセレクトショップのウェブサイトで、りはビリ施設からオンライン・ショッピングをしていたというブリトニー・スピアーズだが、それだけでは物足りずに木曜日の夜、その店を訪れて「ショッピングセラピー」をしていたというブリトニー。

ブリトニーはこの前日にも、アルコール依存症治療の会の出席のために、サンタモニカに外出していたが、このときも元気そうな様子だった。

しかしながら今週末は、一転、自殺未遂したとのオドロキの噂が!

イギリスのタブロイド紙発のものであるが、先月もアメリカのタブロイド紙がブリトニーが頭を坊主にしたころから特に精神状態が不安定で、ケヴィンから子どもの親権に関して最後通告を出されたりでさらにショックになり、突然、道路に飛び出そうとして車に轢かれそうになったり、精神安定剤を大量に飲もうとしたりといった自殺未遂を起こし、監視がついているという記事を掲載、ブリトニー側は「まったくの事実無根」と伝えているが、パパラッチの車を傘で襲ったりといった奇行は紛れもない事実。

そして今日の英ニュース・オブ・ザ・ワールド紙が伝えるところによれば、ブリトニーはリハビリ施設内で突然キレて、「私は反キリストよ!」と叫んだかと思うと、ベッドシーツを使って首をつろうとしたという。

そして自分のおでこに「666」という悪魔のナンバーを書き、悪魔のように泣き叫んでいたとも伝えている。

ブリトニーはケヴィンとの婚約指輪をまたつけていたと数日前に書いたタブロイド誌があったが、これは角度によっては似てはいるもののまったく別のもの(右写真)であるとすぐに明らかになった。

とはいえ、ブリトニーがケヴィンに復縁を求めていると英NOTW紙も書きたて、ケヴィンに対して仲直りを嘆願しているばかりか、ふたりの3人目の子どもが欲しいとさえケヴィンに言っているとも書いている。

辛い更生が始まって、おでこの「666」と書いて施設内を叫びながら走り回るブリトニーに、施設内の人々もどうしていいかわからなかったという。シーツで首をつろうとしたものの、未然に発見されてブリトニーは無事だったという。

画像はAAに参加したときのものですが、maiさんから事前に「あそこのリハビリ施設に入っている人はサンタモニカでやっているAAに参加しなくてはいけないので、ブリトニーも今週か来週に参加するんじゃないかと思います」とタレこんでいただいていたので、「なぜにリハビリ施設にいるのに、わざわざ外出してAAに行かなきゃ行けないの?」という疑問を持たずにすみました。しかし、手の落書きがすごいというか、やっぱり病的な感じがしちゃうんですが…。自殺未遂の件は噂であって欲しいと思うばかりです。

**[この記事への直リン用URL]**2007年03月05日 02:18(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?