2007年3月10日

有名すぎて鼻クソがほじれない!と嘆くスカーレット・ヨハンソン

映画界だけではなく、ルイ・ヴィトンからリーボックまでファッション界からもひっぱりだこで若くしてハリウッドビューティの代表女優となっているスカーレット・ヨハンソン。アルバムデビューも控えているスカジョは、超一流のセレブであることが嫌らしい。というのも、おちおち鼻くそも掘ってられないからだ。

有名人となってしまったスカジョはどこに行くのでも、パパラッチが付きまとい、シャッターチャンスを狙っているのだ。

「突然、いつも誰かに見られているって気が付くわ。自分のプライベートな時間だと思っているものでも、ひとりきりじゃないのよ」と説明している。

スカジョが女セレブの鼻くそシスターズ(↓)入りしないとなると、残念で残念で。

ちなみに、左上から、パメラ・アンダーソン、リンジー・ローハン、ニッキー・ヒルトン、ケイト・ハドソン、ペネロペ・クルス、ミーシャ・バートンです。鼻くそシスターズは、指が入りすぎて顔の原形をとどめていないパム姐さんがやっぱり長女ですかね。やっぱ。

**[この記事への直リン用URL]**2007年03月10日 19:16(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?