2007年4月23日

リンジー降板でキーラ・ナイトレイのレズビアン相手役にシエナ・ミラー

キーラ・ナイトレイ&リンジー・ローハン共演!しかもレズビアン恋人同士役」と撮影前から話題になった映画「The Best Time Of Our Lives」だが、もうすぐ撮影開始だったのにも関わらず、契約がまとまらず、結局最終合意には至らなかったためにリンジー・ローハンが降板したと先週発表された。

リンジーの後釜として抜擢されたのは、なんとシエナ・ミラー。リンジーもシエナもファッションリーダーとして注目を浴び、女優業以外の私生活でもお騒がせが多い点では似ているかもしれない。

映画は詩人ディラン・トーマスの実生活に基づくストーリーで、キーラの母親のシャーマン・マクドナルドが脚本を手がける。今年になってリンジーが映画を降板するのは、「The Loss Of A Teardrop Diamond 」(ブライス・ダラス・ハワードが代役決定)に続いて2本目。

ところで、シエナとのセクシータイムがありそうなキーラ・ナイトレイだが、「映画でセックスシーンは簡単」と、大胆なシーンにもまったく抵抗がないことを明かした。

ソーラ・バーチが主演した映画「」で15歳ですでに生胸を露出するなど、度々映画で胸を出しているキーラは、胸を出すことには問題がないのに、映画「ドミノ」ではお尻には代役を使ったと語っている。「お尻の代役は使ったけど、胸には使ってないわ。胸を出すのは平気だもの」という。

また、最新作では足にも代役を使ったとか。キーラは自分の足を「大きすぎて、血管が浮いていて醜い」と思っているらしい。

ところでリンジーのドタキャンに、キーラは激怒したらしいとのこと。

しかしながらあのオッパイ出しが全然平気というのは……自虐的ギャグとか?

「ドミノ」のセクシー尻ふりダンス動画(YouTube)キーラじゃないということか。確かに。
「パイレーツ2」は”おっぱいの谷間を描いてくれない!”とご立腹のキーラ・ナイトレイ

**[この記事への直リン用URL]**2007年04月23日 20:30(米国時間)

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?