2007年8月31日

【怖い顔】ヴェネチア映画祭のキーラ・ナイトレイ 「ノーパンセレブはこの世で一番下品」
カテゴリー[キーラ・ナイトレイ]**2007年08月31日 06:46(米国時間)

第64回ヴェネチア映画祭が開幕し、金獅子賞候補最有力といわれている戦時中が舞台の映画「Atonement」がプレミア上映となった主演のキーラ・ナイトレイ。例年、最も早くオスカー候補作が参加するとあって、キーラたんも気合は入りまくり(のはず)。ちなみに昨年エリザベス女王を演じた「クィーン」で最優秀女優賞を受賞したヘレン・ミレンは、オスカーも受賞してますしね。

22作品が出品している今年のもうひとつの期待作は、ローレンス・オリヴィエが主演した「探偵スルース」(1972)のリメイク映画で、ジュード・ロウマイケル・ケインが主演しているスリラーの「Sleuth」。ケイン卿がオリヴィエの役を演じて、ジュードは、オリジナル版でマイケル・ケインが演じた役を。(ややこしい)

なのですが、キーラたんの顔を見ていると、こっちのほうがスリラーなのではないかと勘ぐってしまいます。

ところで、この日の薄ピンクのドレスは当然、キーラたんが広告にも登場しているとあってシャネルのもの。先日COCOの広告でトップレスになり、下乳を見せていましたが、実は「なんだかシャネルの人から変な会話を持ちかけられたのよ。胸のふくらみをちょっと出したいから、加工したいんだけど、やってもいいか許可してくれって。だから、”やればいいじゃん、どうせ私の胸はぺったんこだし”って言ってやったわ」ということで、あの胸はデジタル加工だったのです。(って、誰が見ても写真加工してあるって思うと思うけど)

最近では他にも「綺麗なのは、遺伝のせいよ。あ、でもそれだけじゃないわ。雑誌の表紙の撮影なら、ヘアメイクさんやCGの職人さんが加工してくれるしね。あんなの私の本当の姿じゃないわ」とあいかわらずぶっちゃけ発言が多いキーラたんですが、今回のヴェネチア映画祭でもぶっちゃけまくり。

話題は最近のお騒がせセレブに関してで、「私は泥酔して、自分のゲロの上に倒れるようなことを人前でしないわ。プライベートでもありえないとはいわないけど、しないようにしている。
セレブがやることなすこと素晴らしいわけではないわ。パンツも履かず(股間を露出する)セレブなんて、世の中で一番下品よ。」とリンジー・ローハンやブリトニー・スピアーズのことを非難している。

他のセレブはセレブで大変だけど、キーラたん、22歳。大丈夫か??>怖い顔

新しいシャネルの顔になったキーラ・ナイトレイ 広告でヌード

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?