2007年9月 6日

セクシー路線に戻ったジェニファー・ロペス第一弾「Do it Well」PVが公開!
カテゴリー[ジェニファー・ロペス]**2007年09月06日 10:32(米国時間)

かつてファンキーなサウンドでシンガーとしても大人気を集めたジェニファー・ロペスは、ラテン歌手のマーク・アンソニーと結婚後、全曲スペイン語のアルバムを発表しても話題になったが、やはりファンはセクシーなジェニロペを待っていた…ということで、10月には第6弾アルバムが発売される。

その先行シングル「Do It Well」は現在ラジオなどでもヘビーローテーションされているが、このプロモーションビデオが完成し公開された。

ビデオを監督したのは、ポップカルチャーの担い手でもあるファッションフォトグラファーデヴィッド・ラシャペルで、ミュージックビデオに関してはブリトニーやエルトン・ジョン、ヒラリー・ダフなどの曲のPVも監督している。ジェニロペともフラッシュダンスのパクリオマージュとして話題になった「I'm Glad」以来の2作目。

ところで巨匠ラシャペルは、もちろんミューズでもあるパメラ・アンダーソン、コートニー・ラブと仕事をするのは歓迎だけど、2度と仕事をしたくないのは、クリスティーナ・アギレラ(「Dirrrty」PV)、マドンナ、グウェン・ステファニー(「Rich Girl」PV)だとか。

ジェニロペに関しては「ジェニファーはこのPVの監督をお願いするのに、ラシャペルに直接電話でお願いしたほど。そのおかげで今回の企画が実現した。ラシャペルはジェニファーが好きだしね」とか。

確かにビデオはアギちゃんの「Dirrrty」に似ている。。。曲が結構好きだったし、かなり過激になるともいわれていて、おまけにラシャペルが撮ったというだけに期待していたんだけど、思ったよりなんかダンスのキレが悪いし、たいして過激じゃないじゃん…って気がするんだけど、まあいいか。

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?