2007年9月 4日

ブラ見せ表紙ニコール・キッドマン トム・クルーズの子どもを流産した過去を語る
カテゴリー[ニコール・キッドマン]**2007年09月04日 08:26(米国時間)

1990年のクリスマス・イブにトム・クルーズと結婚した現在40歳のニコール・キッドマンが、23歳当時にトムの子どもを妊娠したものの流産してしまったことを語った。

ニコールが流産したことがあると度々、噂になっていたが、ニコールが自ら23歳のときのこの辛い経験を語るのは初めてという。

ヴァニティ・フェア誌にニコールが語ったところによれば、まだ新人女優だったニコールは、エージェントから「今、(大スターの)トム・クルーズと結婚すれば”クルーズ夫人”になってしまい、女優生命は終わる」と警告されたことを押し切っての結婚だった。17歳のときから自分の子どもをずっと欲しがっていたが、早々にしてトムの子どもを流産してしまうことになり、「トラウマになった」と語っている。

やはり子どもが諦められなかったふたりは、それから2年も経たずして養女ベラちゃんとさらに2年後にコナー君を養子に受け入れる。2001年にふたりは離婚したが、親権はお互いが所有している。しかしニコールは「(サイエントロジストとして育てられた)こどもたちはロサンゼルスで父親(トム)と暮らすことを望んでいる」とも話してる。

結婚10周年を目前にして破局が発表され、その数ヵ月後に離婚申請がトムから提出された。ほどなくしてニコールはロサンゼルスの病院に駆け込んだ事件があり、当時、ニコールは妊娠3ヶ月だったのに、離婚のショックでまたもトムの子どもを流産してしまったとの憶測も流れた。

2006年にカントリー歌手のキース・アーバンと結婚したニコールだが、この間に別の男性と婚約していたことも明かした。

同誌のインタビューでは「私はある人と婚約していたの…。でも私は…私たちはまだ結婚する準備ができていなかった」と名前は明かされなかったが、このときニコールが交際していたと噂されたのは、ミュージシャンのレニー・クラビッツと実業家のスティーブ・ビング氏だったが、ニコールは「キースの赤ちゃんが欲しくてたまらないわ。もし私が子どもを産めなかったとしたら、本当に悲しいと思う」とも話している。

写真はトムちんとニコールが”ブランジェリーナ”していた時代ですね…。

二コール・キッドマンの交際相手は遂に自分より背の高い億万長者で結婚秒読み?の噂  これが長身・白髪のビング氏。

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?