2007年11月15日

デュラン・デュラン新曲ビデオのモデルはやっぱり"堕ちぶれた"ブリトニー・スピアーズ!
カテゴリー[ブリトニー・スピアーズ]**2007年11月15日 10:39(米国時間)

先週のJ-WAVE「YOUGAKU-KINGDOM」で『デュラン・デュランの新曲ビデオにブリトニーがモデルになっていると話題沸騰ちゅう!」とレポした件ですが、デュラン・デュランの新曲「Falling Down」のミュージックビデオにブリトニー・スピアーズにそっくりな雰囲気の女性が出てくることに関して、デュランデュラン本人が昨日水曜日に語った模様。

このビデオは12日に発売されたアルバム「Red Carpet Massacre」に収録されている先行シングルで、(痩せてるけど)ブリトニーっぽい雰囲気のモデルが、いやいやながらリムジンから降りて、精神病院かリハビリ施設と思われるところに強制入院させられるシーンからビデオが始まる。

しかもこの曲は共作とプロデュースが、ブリトニーの元恋人だったジャスティン・ティンバーレイクとあって、「今、堕ちぶれたブリトニーに対するアンサーソングでは?」の噂が。

これにドラムのロジャー・テイラーは「ざっくり、ブリトニーがベースになっている曲だと思うよ。でも、たったひとりのセレブだけに限定しているわけではないんだ。一般的なセレブ文化に関しての曲だよ。たくさんのセレブがリハビリに行っている。なんだか、リハビリに行くことが意味のない夢にさえ感じるね。

ビデオの中で出てくるリハビリの患者は美しいモデルたちばかり。そしてリハビリから出所したブリトニー・スピアーズもどきは、病院の外で待つリムジンに乗り込み、またシャンペンを傾ける…というエンディングで、この結末には賛否両論。ベースのジョン・テイラーも反対派だとか。

ボーカルのサイモン・ル・ボンは、「ジャスティンとはこのビデオを作ってから会っていないけど、彼はかわいい女の子たちが好きだから、このビデオは気に入ってくれるんじゃないかな」とコメント。また、ブリトニーに関しては「自分を助けてくれようとしている人たちを受け入れて欲しい。ブリトニーのことを思っている人を彼女はすべて避けてしまっているように思えるよ」と話している。

というか、こんなスーパーモデルばかりのファッションショーの楽屋のようなリハビリなんて、あったらマジで行ってみたい~と思う殿方も多いかも。エンディングはリハビリから出たらブリトニーがリンジーかキーラになっちゃった!って気もしますが、私は最後にデュラン・デュランの往年のヒット曲「ノートリアス」がちらっとかかってる?大オチが好きです。

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?