2007年12月13日

ジョエル・マッデン 自分ブランド服にベビーラインを追加
カテゴリー[ニコール・リッチー]**2007年12月13日 07:11(米国時間)

パリスらが主催したベビーシャワーのパーティで持ち寄られた赤ちゃん用のギフトはすべて寄付してしまったニコール・リッチーだが、赤ちゃんの父親であるジョエル・マッデンは新しく子供服をデザインすることにしたのだそうだ。

ジョエルが双子の兄弟のベンジーと一緒に設立しているブランドDCMAコレクティブでは、今までロック色の強いTシャツを販売していたが、赤ちゃん用のラインもスタートさせた。

価格は23ドル~で、売上の一部はリッチー・マッデン・チルドレン基金にも寄付されるとかで、ジョエルは「俺と子どもが似たファッションをできるのはいいね」と語っているとか。購入は現在のところ、DCMAのオンライン販売のみ。

ということなので、グッドシャーロットの熱狂的なファンの人は、さっそく妊娠して子どもに着せるしかないですね!是非!
てゆうか、もらったものを全寄付するっていうのは、善行なんでしょうか。「他人のセンスのものを自分の子に着せたくないから寄付しちゃえ!」っていう気持ちがちょっぴりはあったと思うのですが?

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?