2008年1月 7日

脚本家ストライキでついにゴールデン・グローブ授賞式が中止に
カテゴリー[ABCな海外三面記事,ABCな映画賞]**2008年01月07日 22:45(米国時間)

有力候補のキーラたんも、当初から出席自体を表明
映画とテレビ両方に与えられ、アカデミー賞についで権威ある賞として名高いゴールデン・グローブ賞だが、今週日曜日に予定されていた授賞式が昨年11月から長引いている脚本家協会(WGA)のストにより、テレビ放映が中止になった。

今年のノミネート者はすでに発表されているが、アンジェリーナ・ジョリー、ジョニー・デップ、ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツといった大物スターが名を連ねていたが、俳優の多くは授賞式に参加することはWGAのストに反対しているという意味になるとあって、かねてからストが解決しなければ、授賞式も参加しないと表明していた。

ゴールデングローブの授賞式を放送制作するディッククラークプロダクションも、解決策を提示したものの、結局は折り合いが付かずWGAの妥協は得られず、毎年ビバリーヒルトンホテルで行われる盛大な授賞式はキャンセルされ、合わせて1800万円以上の予算がかかるといわれるアフターパーティも当然中止に。

実況放送を予定していたNBCでは、急遽、スター無しで映画のビデオや過去のゴールデングローブ賞のパーティやインタビュー映像を編集したニュース・報道扱いの特別番組を放送するとしてプロダクションが各映画会社に協力を呼びかけているが、こちらもWGAの反感をすでに買っていて、お祭りムードとは程遠いものになりそう。

12年前からゴールデングローブ賞を放送しているNBCではこの放送がドル箱で、年に1000~1500万ドル(12~18億円)の収入を得ているといわれる。

2月24日に開催予定の第80回アカデミー賞の開催もすでに雲行きが怪しいといわれているが、今回のゴールデングローブ賞の中止で、ストの行方がさらに大きく注目されている。

ちなみに今日開催された放送映画批評家協会賞(BFCA)の授賞式は、WGAの契約とは関係がなく無事に行われ、ブラピ&アンジーやらジョジクルやら豪華な顔が勢ぞろい。でも、もしかしたらコレが今年の最初で最後のゴージャスな授賞式らしい授賞式になるかも?なんていわれているぐぐらいで。途中、「2007年 観客にそっぽを向かれた大コケ映画」特集のネタでは「2008年のゴールデングローブ賞?」と落ちになってました。

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?