2008年1月22日

ヒース・レジャー急死の3日前の姿…撮影セットで笑顔
カテゴリー[ヒース・レジャー]**2008年01月22日 23:58(米国時間)

22日にニューヨークで亡くなったヒース・レジャーは、数日前はロンドンで新作映画の撮影をしていた。

最新作は、昨年秋に公開された12人の俳優がボブ・ディランに扮するという異色の映画「アイム・ノット・ゼア」だったヒース・レジャーだったが、2008年に最も公開が期待される映画「バットマン・ダークナイト」では、宿敵ジョーカーに扮するということで話題になっていたが、こちらの撮影はすでに終了していたといわれる。

ヒースが先週撮影をしていたのはテリー・ギリアム監督の「Imaginarium of Doctor Parnassus」だった。この映画は2009年公開予定で、旅芝居一座の座長である男が、悪魔と契約し、観客を魔法の鏡を通して幻想の世界に連れて行くという物語だという。

また脚本のチャールズ・マッケオンは「未来世紀ブラジル」以来のテリー・ギリアム監督作品ということでも期待されていたが、先月は撮影シーンの一部で、ヒースがロンドンの橋で首を吊っている衝撃的な姿が流出し、話題になっていた。

19日土曜日に撮影されたピエロ(クラウン)姿のヒースは、今のところ写真に収められた最後のヒースの姿といわれ、また普段着姿のヒースは前日に同じく撮影現場で目撃されている。

ヒースが本当に亡くなってしまった直後の今では、撮影とはいえ首吊りシーンはとてもではないけど見るのがつらいものなので、また別の機会にでも…。

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?