2008年4月 6日

主演・監督映画はコケ!謎の留守電「あのビッチと別れたほうがいい」にジョージ・クルーニーが追跡!
カテゴリー[おっさんセレブ]**2008年04月06日 22:22(米国時間)

今週末に公開された主演&監督映画「レザーヘッズ」が予想外の興行成績になってしまったジョージ・クルーニーに、謎の留守電メッセージが残されていたとか。

最近、ジョージ・クルーニーの自宅電話に中年男性の声で留守電が残されていて、これには「君の友達から、このメッセージを伝えるように言われたんだ。”あのビッチと別れろ!後悔する前にな”」と入っていた。

一瞬、友達が悪ふざけで残したメッセージかとも思い、この電話の主を探偵を使って調べたのだとか。すると電話はプリペイド携帯電話からのもので、持ち主が確定できなかったが、クレジットカードで購入していれば手がかりがつかめると捜査したものの、結局わからなかったという。

この電話に対して当の恋人サラ・ラーソンさんの反応は「”後悔する前に”?!」といったもので、「私のことをストリッパーだと勘ぐっている人がいるわ。私がラスベガスで働いていたからって。ストリッパーに違いないって。私はカクテルのウェイトレスだったのよ!だからって風俗嬢じゃないわ」と怒っているらしい。

ところで、クルーニーが主演&監督し1920年代のアメフトをテーマにしたコメディ映画「レザーヘッズ」は、ヒロインは元恋人のレネー・ゼルウィガーで話題性もあり、アメリカでは物凄いPRがされていて今週のデビューは間違いなく1位といわれていたのに、フタをあけてみれば3位のジョディ・フォスター主演のファミリー映画「Nim's Island」に興行成績わずか2000万円差でかろうじて2位という予想外の13.5億円という結果だった。

1位は先週に引き続き、MIT大の数学サークルの生徒がラスベガスのカジノでギャンブル・ブラックジャックに挑むという実話を基にした映画「21(トゥエンティワン)」(ケイト・ボズワースケヴィン・スペイシー主演)が15.1億円で1位だった。

電話の主は誰か…ということで、「もしやブラピでは?」なんていうギャグが出ているのですが、アテクシはジョジクルの自作自演に一票!ってどうよ?

読者投票でダメ出しが出たジョージ・クルーニーの恋人にエロい過去画像流出!

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?