2008年4月17日

セクハラ告訴ロブ・ロウ暴露の元女性ナニーが顔出し!
カテゴリー[トラブル・セレブ]**2008年04月17日 09:24(米国時間)

セレブのエッチビデオ流出スキャンダルといえば、パリス・ヒルトンを思い出す人も多いかもしれないが、実は”元祖”はロブ・ロウで、またも過激なスキャンダルに巻き込まれている。

44歳のロブ・ロウはセント・エルモス・ファイアーで一躍、将来有望な若手映画スターの仲間入りをした数年後に、20年前にふたりの女性とホテルでエッチしているビデオが流出し、さらにそのひとりが未成年であったことが発覚して問題になったことがあるが、今回、ロウを訴えているのは子持ちの女性。

この女性ジェシカ・ギブソンさんはロウ家の子どもの子守(ナニー)として7年に渡り雇われていたが今年2月に辞め、2005年9月から2008年1月にお尻を触られたり、パンツの中に手をいれられたとセクハラで今週告訴した。

またジェシカさんによれば、妻は全裸で家の中を歩きまわり、ロウは何度もジェシカさんに自分を障るように頼んだり、コンピュータで自分のいやらしい姿が映った画像を見せたり、いやらしい話をしてくれと言ったという。しかし、すぐに辞めなかったのは自分には子どもがいて養わなければならなかったので、仕事を失うのが嫌だったからだという。

そしてジェシカさんはセクハラや有給や食事手当てなど未払い分の給料として5万ドル(500万円)の支払いを求めている。

実はこの件には前週にすでにトラブルが起こっていて、ロウが先にジェシカさんを含む3人の元の従業員3人を訴えている。というのも、ジェシカさんはロウ家の内情を暴露させたくなければ、口止め料として150万ドル(1.5億円)を支払うように脅してきたからだというが、ジェシカさん側は否定している。

そして話題のジェシカさんが告訴翌日にタブロイド誌に顔出しして話題に。その直後にはテレビインタビューも受けたが、掲載写真とテレビ画面を見比べると、微妙に上手く”CGお直し”した感が。世間の反応は、ジェシカさんの主張を懐疑的に捉える人が多いよう。

妻が全裸で歩いたり、エロ写真(しかも大スターである自分の)を見せてくれたり、愉快なステキ一家じゃないですか!

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?