2008年5月21日

窃盗疑惑リンジー・ローハンに毛皮プレゼントのオファーで解決!?
カテゴリー[リンジー・ローハン]**2008年05月21日 10:46(米国時間)

ニューヨークのクラブで同席した女性のミンクの毛皮コートを、無断で持ち去ったとして告訴されたリンジー・ローハンの窃盗疑惑が意外な方向に発展しそうだ。

リンジーを告訴したのはモデルもしているロシア人学生で、ニューヨークのクラブ1Oak に1万1千ドル(110万円)相当の毛皮を預けたものの、その日クラブに来ていたリンジーが持って帰ってしまったとして、数千万円相当の損害賠償を訴えている。

この女性は後日、雑誌を見ていたところ、リンジーが自分の毛皮コートを着て、パパラッチされているのを発見したのだった。

しかし、なんとクラブのオーナーが新しく毛皮のコートを女性から1万1千ドルで買って上げるというのだ。だが、このオーナーは事件がおこったクラブではなく別のクラブ。オーナーは「リンジーはクラブの華。これからの季節、リンジーに風邪を引いて欲しくない」と毛皮を買ってあげたいのだとか。「私のクラブでも過って別の人に預かったコートを渡してしまうのはよくあること。リンジーと一緒にショッピングに行って、新しい毛皮を買って上げたい」と、売名行為の臭いがぷんぷんしております。

クラブには夜に出かけたはずなのに、日中でも同じ毛皮を着て外出するリンジーの姿が。万が一、酔っ払って気が付かなかった状態だとしても、酔いも覚めているだろうに…。

前後の記事


カテゴリー

お探しモノは?