ABCなゴシップ トラブル・セレブ ABCなセレブ ABCなポロリ ABCな映画 ABCな音楽 ブラッド・ピット×アンジェリーナ・ジョリー ブリトニー・スピアーズ キャメロン・ディアス リンジー・ローハン ニコール・リッチー オルセン姉妹 パリス・ヒルトン ヴィクトリア・ベッカム ▼全カテゴリー一覧

2008年8月19日

現代の王子様?デヴィッド・ベッカムの半生がミュージカル化!
カテゴリー[ヴィクトリア・ベッカム]**2008年08月19日 08:40(米国時間)

サッカー界のスーパースターである33歳のデヴィッド・ベッカムの今までの人生がミュージカル化されるのだそう。

ロンドンで上演される「David Beckham – The Theatre of Dreams (デヴィッド・ベッカム~シアター・オブ・ドリームズ)」の仕掛け人のひとりである作曲家によれば、「ベッカムの人生は、英雄や悪役、愛、国のサッカー界をひっぱってきたマンチェスターユナイテッドにまつわる現代のおとぎ話。無名の人から一躍世界的な大スターになり、スポーツマンとしての才能はもちろんのこと、ハリウッド的なライフスタイルも、すべて大志のある寓話の要素を備えている」とか。

またミュージカルではサッカースタジアムを現代の「教会」と捉え、マンチェスターユナイテッドを「信奉する」ファンたちによるゴスペル調ロックの音楽になるという。

しかし実はこんなキレイにまとめた半生ではない別のパターンの舞台化構想も、半年前から持ち上がっている。タイトルは「マクベス」とベッカムのあだ名「ベックス」にかけた「マクベックス」。

「マクベス」では、マクベス夫人がマクベスに王殺害をそそのかしたりするのだけど、そんな姿をヴィクトリアとだぶらせたコメディになるらしくて、こちらは来年1月から公演。

マンUが宗教でファンが信者だなんていう設定を聞いたら、マリリン・モンロー教祖のエリック・クラプトン神父も登場するWHOのロックオペラ「Tommy」を思い出しましたが、ベッカム版は素で礼賛なんですよね。

前後の記事



カテゴリー


お探しモノは?