ABC振興会☆ハリウッド直送!最新セレブ&エンタメ・ニュース!!

【リアーナ777ツアー同行記】ライブ画像掲載!すべてはここから始まった!想像をはるかに超えた圧巻の777ツアー!初日メキシコ編

いい意味でファンの期待を裏切ることができるのが大スターの証だと思うのですが、今回の777ツアーライブはまさに予想と期待を遙かに超え、アーティストとしての貫禄を魅せつけてくれたリアーナにただただ脱帽でした!



riri777_mex_90.jpg
デビューから7年のリアーナが7作目『アンアポロジェティック』リリースを記念した7日で7カ国7公演を行う777ツアー。要は7にかけた「7日とりあえずやったことに意義がある」的な企画なのかと思ったら大間違い!


初日の記念すべき第一日目のメキシコシティ公演。会場はとてもオシャレな2000~3000人規模のオールスタンディングタイプのヴェニュー。途中の交通渋滞で我々ツアー隊のバスは会場到着の予定を大幅に遅れるなか、現地のファンは大熱狂でリアーナの登場を待ちわび、会場周辺も含めて軽いパニック状態になっている。


サマソニ2012のヘッドライナーでスタジアムを満員にしたのはいうまでもなく、リアーナのライブは大規模フェスのヘッドライナーかアリーナクラスの数万人の会場が当たり前だけど、今回のベニューはその10分の1。実際我々はこの日現地に到着するまで会場の規模も、何曲ライブをするのかもまったく知らされていない状態だった。


riri777_mex_95.jpg

「実質パフォーマンス時間は短縮されて、せいぜい5曲もやってくれれば...じゃなきゃ毎日7公演なんて体が持たないだろうし」とさえ思っていたほど。しかし蓋を開けてみれば、70分完全ライブでなんと20曲の圧巻パフォーマンス、【777ツアー】と銘打っただけのことはある全く新しいツアーセットだったのです。

riri777-mex_IMG_2748.jpg

4人編成のバンドにバックヴォーカル3人という(リアーナとしては)ミニマムなステージに、黒いベースボールジャンパー風のトップスとショートパンツという女王リアーナ姫が白いサングラス姿で登場すると、会場は狂喜乱舞。


ダンスミュージックとメジャーポップの絶妙のレボリューションを編み出した前作『トーク・ザット・トーク』を象徴する、特にセクシーなナンバー「Cockiness」と「バースデーケーキ」で幕開けとはなんともニク過ぎる!


しかもこの日はバックダンサーは無し。リアーナの例のサラっと流しているように見えつつも最高のダンスセンスで踊りつつ、ガンガンに唄う姿は、むしろロックバンドのヴォーカルのようにさえ見え、セクシーなのに勇ましく、ダンサーがいなくて寂しいどころか、リアーナのシンガー、表現者としてのクオリティの高さが大きく主張されている。


riri777_mex_1270.jpg3曲目の「トーク・ザット・トーク」が終わってこの日の初MCでは「みんな我慢強く待っていてくれてありがとう。今日がクレイジーな777ツアーの初日よ。楽しんでいってちょうだい!」と語ると、「オンリー・ガール」、そしてバリバリのダブステップ風なアレンジを加えた「ディスタービア」、さらに「SM」と大ヒット曲連発でセクシーの限界を超えたパフォーマンスが続く。(セクシーな腰つきの新型ムーンウォークが斬新だった!)


本来ならギターやベースの爆音を轟かせるという機能でしかない無機質な巨大アンプも、リアーナにかかればダンスポールの如くセクシーなステージングの演出小道具に変身してしまうのだ。


そして遂に公開されたのがアンアポロジェティック』の一曲目である「Fresh Out The Runway」。リアーナは「次の曲はまだ誰も聞いたことのない新曲よ。新作の中でも私が大好きな曲のひとつなの」と言うように、リアーナならずともファンなら思わずキター!と唸ってしまう激アゲ系。人気曲になることは間違いなし。

riri77_mex_1228.jpg

ライブも中盤でキーボードとアコースティック・ギターによるアンプラグドなライブに突入。これはリアーナのライブでは初の試みらしいが、3曲のしっとりとしたバラードのパフォーマンス中でも、ファンは熱狂をやめることなく常に挙げた腕を大きく左右に振り、リアーナの歌声に酔いしれ、視線ひとつに絶叫し、飛び跳ねる。リアーナの声質はもうそれだけでアイコニック化しているが、アコースティックライブで声の魔力が余計に響き渡る。


さらにはこのあと、ドレイク(ホワッツ・マイ・ネーム)、ジェイZ(ラン・ディス・タウン)、TI(リヴ・ユア・ライフ)、カニエ(オール・オブ・ライツ)と、コラボ曲が続くが、どれもコラボ相手のラップMCがミキシングされることなくリアーナのヴォーカル一本なのだが、これまた圧巻のパフォーマンスで物足りなさを感じさせない。

riri777_mex_1266.jpg

そしてアンコール(といっても、リアーナがステージから下がったのは1分程度だったと思うが)は現地メキシコで既に1位を獲得したという新曲「ダイアモンズ」、さらに「アンブレラ」、時代を代表する1曲となった最後の曲「ウィー・ファウンド・ラヴ」という怒涛の展開では、会場総ハネで地面が揺れる、揺れる(笑)。


総じてこの777ツアー、2000年代最も売れたアーティストであるリアーナの実力と、新旧のヒット曲を濃縮網羅したセットは、2000人余りの観客を相手にするにはもったいなさ過ぎる70分だった。


riri777_mex_103.jpgしかしラッキーなことにこの777ツアーライブのロンドン公演がネットでストリーミングされることに!【緊急決定!】リアーナ777ツアーのロンドン公演がなんとネット生中継決定!現地時間19日午後9時(日本時間20日午前6時)から!...とのことなので、このアリーナ級の迫力のライブをご自分の目と耳で確かめて頂けるチャンスをお見逃しなく!


"リアーナ777ツアー・メキシコ"
@ El Plaza Condesa
1 Cockiness (Love It)
2 Birthday Cake
3 Talk That Talk
4 Wait Your Turn
5 Man Down
6 Only Girl (In the World)
7 Disturbia
8 S&M
9 fresh Out the Runway

10 Unfaithful (アコースティック)
11 Take a Bow (アコースティック)
12 Hate That I Love You (Ne-Yo)(アコースティック)

13 Where Have You Been
14 What's My Name? (Drake)
15 Run This Town (Jay-Z)
16 Live Your Life (T.I.)
17 All of the Lights (Kanye West)

18 Diamonds
19 Umbrella
20 We Found Love

D姐 (2012年11月18日 22:52)

前の記事: 「ワオ!ジェシカ・シンプソンが産後27キロ減量成功!」って言うんで見てみたけ ...
次の記事: AMA2012で賞総ナメのジャスティン・ビーバーにセレーナ・ゴメスが再接近! ...